2014年10月18日

ノーベル化学賞の歴史:最初のノーベル化学賞 1901年

ヤコブス・ヘンリクス・ファント・ホッフ(Jacobus Henricus van 't Hoff, 1852年8月30日 – 1911年3月1日)はオランダの化学者。物理化学の分野で大きな功績をあげ、特に熱力学において「ファントホッフの式」を発見したことで知られる。これによって1901年に最初のノーベル化学賞を受賞した。この他、有機化学や反応速度論、化学平衡、浸透圧、立体化学に関する研究がある。


ノーベル化学賞「田中耕一さん」の研究




posted by ノーベル化学賞の歴史 at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ノーベル化学賞 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。